スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウン症の子の親であるということ

今日は一日仕事をしながら
「ダウン症の子の親であるとは一体どういうことなのか?」
と、ずっと考えていました。

やっぱり普通(あえて普通と書きます)よりは努力が
求められるんだろう。

と人は言うでしょう。
自分も昔はそう思っていました。
そして、尊敬もしていました。

でも、実際にダウン症の子の親になってみて
そんなことはないんですね。

普通なんですよ。これが。
驚くほどに。

普通に我が子を愛して、普通に笑って、普通に育てる。

ただ、ひとつ。
やっぱり、ある程度のハンディはあると思うので
大人になったときに、自立した生活が出来るように
準備してあげる。

コレだけは全身全霊でするべきことだと思っています。
決意表明です!!

頑張るぞ

コメント

私は、おなかの中にいる8ヶ月の後半に しょうがダウン症とわかっていました。
それからしょう出産するまで、「なんでわが子がダウン症なの?!」「障害児を育てていくなんて・・・」と思っていました。
今となっては、しょうに申し訳ないのですが、このまま一緒に死のうかとも・・・。
でも、しょうが生まれて、そんな気持ちを一瞬でも持った自分が情けなかったと思ってます。
可愛いんですよね。。。かわいくて仕方ないぐらい(笑)
発達はゆっくりかもしれないけど、それもしょうの個性かな?!
という感じで受け止めるようになりました。

そうですよe-257
普通の感覚・生活を出来てないと
兄弟がいる場合は可哀想だし、
気合入れすぎてると障がい者と関わった事の
無い方々からは距離をとられかねないし。

どんな子供同じ
親も同じ
が一番ですよe-257

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hkyhhsss05

Author:hkyhhsss05
管理人のはるこうです。

日々の生活やダウン症の次男の闘病記を更新していきたいと思います。

同じ境遇の方の力になれるようにがんばって近況報告致します。

同系のブログの方はリンクフリーです!いつでもリンクしてください。

当方は相互リンクを希望していますのでよろしければコメント残していただけると嬉しいです。

誕生日まであと何日かな?
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク集
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。